住み慣れた日本を離れ安心かつ充実した海外生活を過ごすために

海外と国内の違いについて

 

住み慣れた日本を離れて海外で生活をすることは、不安も大きいかと思います。

しかし一方で、日本とは異なる文化の国で生活をすることに、大きな楽しみを持っている人もいることでしょう。

海外生活というのは、本当に楽しいものですし、人によっては母国以上に幸せな暮らしができるかもしれません。

海外で生活をしたことで、充実した日々を過ごせている人もいますし、楽しい毎日を送れている人もたくさんいるのです。

ただ、やはり海外で生活をすることは、様々な問題やリスクが伴うものです。

例えば、幼少期に過ごしたことがあったり、留学などで何度も訪れたことがある国であればまだしも、全く見知らぬ国で過ごすとなれば、それだけでもかなりの不安があると思います。

言葉が通じない、文化が日本とはまるで違う、仕事が上手くいくかどうかなど、たくさんの不安要素はあるわけです。

何かトラブルが起きた時でも、海外ではどのように対処すればいいのか、よく分からずに困惑してしまうこともあるかもしれません。

また、基本的に日本ほど治安が良い国はないと言われているので、どうしても住む国によっては治安面も大きな問題となるわけです。

日本といる時と同じような感覚で過ごしてしまうと、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるので、それだけは何としても避けたいことだと言えます。

あとは、一生その国で住む場合ならまだしも、いつか日本に帰ることを前提としていたり、あるいは定期的に海外と日本を行き来する場合は、海外のことだけでなく日本のことも常に頭に入れておかないといけません。

外国語ばかり話していると、日本語の方が疎かになってしまう可能性もありますし、日本に関する情報も随時入手しないといけないので、日本にいる時よりも倍大変だと言えるのです。

このように、海外で生活する上では、大変なことは山ほどありますし、辛い気持ちになってしまうことも多いかと思います。

しかし、それでもそれらの苦労を乗り越えることで、最高の海外生活を過ごすことができるようになるのです。

 

どの程度海外で過ごすのかを考える

 

海外生活を送る人でも、例えば数年間と期間を限定させる人もいれば、一生涯その国で暮らすことを決めている人もいます。

あるいは、仕事の関係で海外と日本を行き来することになる人もいるでしょう。

それぞれのライフプランによって、どのように海外生活を送るのがベストか、それぞれ違ってくると思います。

例えば、一生涯その国で暮らすのであれば、自分が住んでいる国のことだけ考えていればいいでしょう。

しかし、もしもいずれ日本へ帰るのであれば、日本のこともしっかりと頭に入れておかないといけないのです。

要するに、海外生活が長くなったことで、日本語の勘を取り戻せないこともあるのです。

あるいは、日本へ帰った時に、現在の経済状況が分からなければ、普段の生活でも色々と支障が出るでしょう。

少なくとも海外で一生暮らす人以外は、定期的に日本に関する情報を調べたり入手したりして、また日本語を一切話さないという状況も避けるべきでしょう。

もちろん、海外に住む以上は、その国のライフスタイルに合わせて暮らすのが当たり前ですが、いざ日本へ帰った時には、日本のライフスタイルに合わせて暮らさないといけないわけです。

そこを意識しておかないと、日本に帰ってから苦労してしまうことになるのです。

 

下準備を入念に行う

 

海外生活をするためには、色々と準備をしておくことがあります。

パスポートとビザの発行、住む場所の選定、向こうで暮らす上での大まかなプラン、最低限の語学の取得など、やるべきことはたくさんあるのです。

恐らく、1ヶ月やそこらで準備できることではありません。

場合によっては、1年以上前から準備しておかないといけないこともあるので、それだけ下準備というのは欠かせないものなのです。

恐らく、海外で本格的に生活するまでに、何度かその国を行き来することになると思います。

物件選びだけでも数回訪れることになるでしょうし、現地の視察や周辺環境のチェック、向こうの勤務先への挨拶など、生活するまでにやるべきこともたくさんあるのです。

そうなれば、当然ながら下準備だけでもそれなりの出費を伴うことになります。

だからこそ、海外生活を始める前には、ある程度の蓄えをしておかなければならないのです。

もっとも、海外生活とは言っても、例えば完全に自分の意思で暮らす場合と、仕事の都合で暮らす場合があると思います。

仕事の都合であれば、勤務先がある程度の手配はしてくれるでしょうから、それぞれのケースによって準備にかかる時間も違ってくると思います。